男がダンスする事はカッコいい事なんだぜ。

24日のダンスレッスン後、帰り道で話していた事でふと思った事があったので書いてみたます。

要は、男のダンサーだってカッコイイんだぜ、って事です。

何を隠そう、小出はダンスを始める前はダンス大嫌いでした。どっちかっていうと食わず嫌いでバカにしていた感じです。紆余曲折あり、役者友達の女性にくっついていってバレエを始めたのがダンスに関わったきっかけであります。でも周りは女性ばかりだし、もちろん先生も女性。みんなは気にすることないよー、と言ってくれるのですが、女性達の中に男一人入ってレッスンする事は、やっぱし堅苦しいといいますか、心細いといいますか……トラウマとかそういうのではないんですが、地に足が着いていない感じ?がしていたのを記憶しています。
小出のやりたいのはジャズダンスなんだ、というのが判明した後。板前を辞めてからは新宿に勤めていましたので、新宿でダンススタジオを探そう。となったわけです。
先のバレエの件があったので、探すに当たって一つ基準がありまして、それは「男の人が教えてくれる」でした。幸運にもそういう人たちに巡りあえたわけですが、自分でダンスのレッスンするようになった後も、1~2年はダンス嫌いはあんまり変らなかった、とも記憶しています。でも、毎日のレッスンではバーレッスンから始まって、センターやって、……ほとんどバレエなわけです。ピアノ曲に合わせてやるんですけども、どちらかというとクラシックな曲調が多い。まあ、正直胸が詰まりましたですね。その点ルイジはコッテコテのジャズ曲なのでたまにレッスンするルイジが楽しみだったのです。というより曲が聞けるのが楽しみだったのかもしれません(笑)
 でもそのダンス嫌い、バレエ嫌い、考えが払拭される日が来ます。この人を観たときに「男が踊るってカッコいいんだ」「男のバレエダンサーってカッコいいんだ!」とようやく納得できた記憶がありましたです。

今思うに、きっと小出は「男が踊る事に抵抗感」があったんですね。20年以上生きてきて、男性ダンサーをほとんど知らなかった、というのもあると思います。せいぜいTRFのSAMさんくらい。でも素晴らしいダンサーはいっぱいいるわけです。いたわけです。YOUTUBEで観られるとは思っていませんでしたが、あったので載せてしまいます。

JORGE DONN – BOLERO
http://www.youtube.com/watch?v=8JZyu8Ub1Qw
そして「こういう世界がある」というもの全然知りませんでしたから。著作権の問題とかいろいろあると思うんですが、もっともっと演劇とかダンスとか舞台の世界が身近になるにはどうしたら良いのか?と模索中です。
こういう映像を小学生とか、中学生が観たら「どうしたのエガちゃん?!」って、お笑いになっちゃうのかもしれませんねえ。

Wikipediaからお借りしてきました。


でも知らないって事はその人にとって、無いに等しいわけですからね。ニコ動などではボーカロイドに合わせて自作で踊る「踊ってみた」が随分と盛り上っているみたいですが、こういうダイナミックに身体を使って表現する世界もあるんだよ。

神々のような人たちにまぎれて載せてしまう。
KoideUGソロでやす。自作の曲、自作振りです。
http://www.youtube.com/watch?v=xzg8Cq4R45k&feature=player_embedded

228