家でもできるジャズダンスの基礎レッスン「ジャズダンス ステルス」(笑)

http://www.youtube.com/watch?v=S4vqMqCFbEU&feature=share&list=PLF1D2502E17D65E12
ジャズダンスの基礎レッスン。ルイジの動画です。
再生リストはこちら

これは3年くらい前に夜中から明け方までかかって撮影したビデオなのですがね。動画の説明とかリンクとかほとんど入力してないんです。せっかく作ったんだからもっと沢山の人に観てもらおう、実際にやってもらおう。と最近になってようやく思いまして(遅すぎだ)少しずつテコ入れしております。動画中の連絡先とかは変えられないので昔のまんま(笑)できれば新しく撮り直しますか?とか考えています。解説とか入れてね。

で、このルイジというジャズダンスの基礎練習ですが、身ひとつでレッスンできるのが良いですよね。どっちかというと、昼下がりとかに家でひっそりこっそり練習するのに適しているような気がします。スタジオ要りません。床の間のある和室、ドンと来いです。それに、いつも使っているルイジの曲は静かーなJAZZですから、結構大きな音でもご近所迷惑になりません。名づけて「ジャズダンス ステルス」(笑)
冗談は置いておいて、このルイジ。全部通して行うと約40分あります。毎週金曜日の「ジャズダンス Standard」は90分しかありませんので、レッスン内で全部通してしまうと他の事ができなくなってしまうので、抜粋しています。血の気の多い方は家でやってみても良いと思います。そのかわり、倒れないように注意してくらさい。

一方バレエには「バーレッスン」という揺るがない基礎があります。さすがにバーレッスンだと身一つで、というわけにはいかない。つかまるトコがあったほうがいいし、自分の高さに調節したほうが良いし、畳とかだとひっかかっちゃうし。でもバレエやるなら避けて通れません。自分は避けたくても無理やり引き込まれます(笑)だからみんな教室行くんだね、つまり

バレエ基礎=「バーレッスン」

本当は基礎と言っても細かく色々ありますが、当たらずとも遠からず今も昔もこういう考えはあると思います。特にダンス初心者の人ならなおさらです、僕もそうでした。ジャズダンスやるうえでのバレエ、バーレッスンの必要性はまたいずれ書くとして(ネタが増えた)

ジャズダンス基礎=「ルイジ」となっているか?といえばちょっと首を傾げたくなります。でも、小出は必要だと思うので取り入れてます。
要はリハビリですから、自分の身体を自分で意識して使える事から始まります。一種の脳医学です。シナプスです。
動画を見ていただいた方で、もしわからない事がありましたら、お問い合わせのページからじゃんじゃん質問してくださいまし。むしろ積極的にお答えします。もちろんスタジオで直接でもぶつけていただいても結構です!受けてたちます!

228