どんな振付で練習していても、得られるものがある

腰を残したまま、ウォーキングする。その練習です

シェネやピルエットは日常ではまずやらない動きです。シェネで出社しなければならない会社は、朝礼も会議もミュージカルになってしまうだろうし、ピルエットを駅のホームでやっていたら線路に転落してしまう。社会秩序的に色々問題有りまくりなので、せいぜい試着室の鏡に向かってルイジの動きを確認するくらいにしてほしいものです。日常でやらない動き、まあこれは解りやすい例ですよね。

ところが、今月の振付に出現する、「腰」。これも日常ではまずやらない動きです。ピルエットやシェネのように派手でもない。どちらかというと地味ーです。でも、慣れないと「え?」ってなる。小出も一番最初は苦労した記憶あります。一体どうなってるのかわからない。

「は? なんやこれ?」

みたいな鼻タレ状態になる。でも、一度慣れてしまえばそのようにしか考えられなくなる。そういう動きですよ、本当。今月中に身体に入れられるようにがんがろう。

さて、腰はちょっと慣れが必要ですがその他の振り、ステップ自体はさほど複雑でなく、じつは同じステップの左右繰り返しになっています。一見「小出は簡単そうに踊ってるなあ」みたいに思われるかもしれません。いえいえ、僕自身、踊っていてハッとしたことがあります。

ある程度身体が効いてきて、踊れるようになってきますと振りの複雑さや奇抜さなどに意識が行きがちで、追い求める傾向あります。それは喜ばしいことです。どんどんチャレンジすると良い。
でもじつは、今月のようなシンプルステップでもしっかり踊れる。ちゃんとカタチにできて、尚且つ観ている人の心を揺さぶれる。これもとても大事。
小出は自分自身で振りを付けていますが、振付に現れていない身体の部位ってのが必ずあるんです。これらの部位はダンス中、身体の表面へ無意識に現れている。無意識に使っている体をどのように使うか、意識するか。つまり、

シンプルなステップだからこそ、やれることが沢山ある。

ということなんです。ステップはあくまでも順番。振付は台本にあたります。台本をそのまま棒読みしてるドラマや舞台なんかクソ面白くもないですよね。たとえ1行のセリフだとしても、演者それぞれの表現が可能なはずです。また、その1行に注力するのが楽しいわけです。
ダンスは動いていれば表現しているように見えてしまう。カタチを作れば視覚的に成り立ってしまう。これが怖いのです。

もっとできたな。

と、あらためて身の引き締まる思いがしました。

シェアする