昨日のレッスンについてとりとめのない雑感

書ききって読みましましたが、お得な情報は全然ないかもしれない汗。ただ小出の雑感を述べてるエントリーになってしまいました。まあ、たまにはいいかぁ。

昨日のレッスンは開始からほとんど止めず、ルイジから回転モノまでをダーッとやりました。ルイジはさすがに全曲とはいかないのですが、曲間が適度にあるので、やっている間は徐々にアガります。人って一定のテンポにハマると集中力が高まるといいますか・・・。文章が適切じゃないかもしれませんが「目がテン(..)」になるんです。

小出が每日のレッスンに汗を流していた頃。自分の先生にはよく「内に、内に」と言われていたのを思い出しました。これ、特定の誰かに向けて言ってるんじゃない。稽古場全体に言っているわけです。ぶっちゃけますが、レッスン中は静かでしたよおー笑。

でそんなんやってましたので「あれ? 予定よりも案外時間があるじゃん?」ということで、ウォーキング的なやつを2つ、久しぶりにやってみました。
ダンダダーンダンダダーン!みたいな感じで進んだり、手旗信号にステップがついてたりするアレです、はい。

小出の過去を振り返りますと、こういったウォーキングはかなり練習した記憶があります。オーソドックスなやつから、アクロバティックなやつから、その場のノリでやらされた動きやら(笑)あらゆる動きを、その場で自分なりのカタチにする。それを繰り返すことで、コンビネーションをやった時の対応力といいますか、即座に反応できるような能力が培われた。そんな風にも思います。他所のレッスンではどうなんでしょうねえ、あまりやらないのかな?

あの、一応断っておきますが、金曜日が初心者クラスで、日曜日が上級者向きで、火曜日が〜でとかそういうのでもないですよ。ただ純粋に、上だけを目指す時間と思っていただければよろしいかと。白状しますが、どのレッスンも根っこは「同じ」です。じゃあ小出は何のためにいるのか。それは観察するため。