ダンスは「プレパレーション」の連続です。

今日のお題は、頭では少し想像しにくいかもしれません。
例えばコンビネーション中。踊っていて、「なかなか動きがつながらないなあ」。あるいはシェネやピルエットなどの回転モノで、「一回転ごとに、ぶつ切れになってしまう。連続してできないなあ」。そんな風に感じるときはありませんか?
小出個人の経験を申し上げますと、このような違和感は常にもっていました。でもこれって、なぜ起きるのでしょう?端的に言うとプレパレーション(準備)ができてない事が原因です。

ちょっと想像してみてください。シチュエーションとしては、シェネやピケ等、連続で回転しながら移動する振りです。回転を開始する時に「プレパレーション」という動作を行います。身体とポジションを一定の「型」におさめる事によって、回転する為の「準備」するわけですね。ここまではセオリー通りです。さあ、いざ回転、となると途端にブチギレる、いえ、ぶつ切れになるのは先の例の通りです。
じつはどんな回転中も、あるいはコンビネーション中でも、「プレパレーション」は身体の中に潜んでいるのです。・・・というより「プレパレーション」はずっとずっと、ずーーと、ざーーーーーーといっても、身体の状態の中核です。極論言いますと、「ダンスはプレパレーションの連続」なのです。これ、オイラの先生様も言っておられました。小出は今になって、やっとその言葉の重みが解ってきました。そのくらい深い。
ただし誤解のないように付け加えておきますが、「身体を大きく使って踊る」が大前提、基本ラインです。何故かと言うと、身体を使わないと何も見えてこないから。その上で「今その時の身体が、次の動きへの準備となるように踊る」を実践してみてください。くどいようですがもう一度申し上げます奥様。

「身体を大きく使って踊る」。その上で「今その時の身体が、次の動きへの準備となるように踊る」