「やりたいダンス」と「やらなきゃなんないダンス」

先日、とあるバンドについて話していた時のことです。何気なく「やりたい音楽」と「やらなければならない音楽」という言葉を用いて、自分で息を呑みました。「これってダンスにも言える」、と思ったから。ひとつめは「やりたいダンス」、ふたつめは「やらなきゃなんないダンス」です。この両者は言葉が違うだけでなく、構成も、振付も、曲調も、全然違う可能性がある。ひとりの人間が創る、にも関わらずです。

数年前まで小出が学んでいたダンスは、今小出が振付けするようなダンスとは明らかに見た目が違います。でも、当時の自分にとっては「やらなくちゃならないダンス」だったのは確かです。好き嫌いは関係ない。おそらくその頃も、自分のやりたいダンスは心の何処かにあったんだと思います。が、気が付かなかった、んでしょうね。

「やらなくちゃなんないこと」、には要注意だとおもいます。ダンス、芝居、歌、その他の芸事に関わらず、どんな職種にも当てはまり、ちょっと油断すると、ただの作業になりがちだ、ということです。ココがめちゃくちゃキモ。まあ、この話題は深いので、少しずつ書いていきます。

いま小出がやりたいダンスとはなんだろう?自分で書いておきながら、なかなか難しい質問をしてしまいました。
アート的な要素は根付いているのだろうけど、表には出しません。火種を消すことはしませんし、延々と燃やし続けるんですが、隠蔽します汗。
ショー的な振り、解りやすいとこで言うと「ミュージカル」が創りたいのか?そう問うてみると、必ずしも……みたいです。
でもダンスナンバー中にヴォーカルが入っても全然構いませんし、むしろ積極的に使っていきたい。もちろん芝居もです。現在、「威風堂々」をダンスナンバーに編曲している最中ですが……そういうのです笑