鏡を利用して、自分のダンスを上達させる方法。

ダンスって、お客さんに見られてナンボです。ピッシーと決まっていないとお話にならない。たとえ、どんなに変なポーズでも、ちゃんと身体をデザインして、洗練させれば見栄えのあるポーズになるものです。しかし、見栄えがいいことと、格好がいいことは違う、と小出は考えます。格好つける意識が強すぎると、いわゆるナルシストっぽくなるんです。

格好つけっていうのは鏡があるとやりたくなる。鏡に映った自分の姿を見て、ほんのり赤く酔うわけですな。男女問わず、誰にだって少なからずある感情だと思います。ギャル男がガラスを見つけるとすぐ寄って行って前髪をヨリヨリするのは、酔いが癖になってるうえに、それをカッコイイと思っているからやるわけです。
まあ、何をカッコイイと思うかは、本人の感性次第というところがあるのでなんとも言えません。でも、どちらかと言うと小出は苦手な感覚です。つまり、鏡を見ながらポーズや振りを創るという行為が、性に合わないみたいです。

鏡を使うメリットと、デメリット
鏡を使った練習には、効果的な一面がある一方、弊害も存在します。たとえば、自分以外に他4人のダンサーと、鏡に向き合って練習する。そんなシチュエーションを想像してみてください。
視界の正面に自分がいます。と同時に、視界の端っこには鏡に映った他メンバーが映り込む。音楽に合わせて自分も動いていますが、ほとんど見てません。見ているのは他の人の振りです。

このように、鏡を使った多角視点を使うと、振りを早くカタチに出来るメリットはあります。(←これも慣れ、テクニックが必要です)しかし度を超えて、鏡頼りになってしまうと問題です。自分の身体を見ないで、人ばっかり見て踊るようになってしまう。スタジオ出身で、ダンスはじめて1、2年という踊り手さんには、意外と多いパターンです。

当然ですが、本番の舞台に鏡はありません。頼れるのは振りを納めた自分の身体以外にない。寄りかかりが失くなって「さあどうしましょう?」と、慌てるパターンはまさにこれ。

人まかせで踊ることから脱する
人にぶら下がった、人まかせな、依存した、事なかれ、問題先送り日本人発想的な練習をしていると、こうなりがちです。慌てず、自立した踊りを確立するためにはどうすればいいのでしょう?小出の考える方法はひとつ。それは、

「自分で踊る」習慣をつけておくことです。

いつもなら、この段落で「自分で踊る」ことの定義を書くのでしょうけど、止めときます。
「自分で踊る」ことは「自分で考える」ことから始まりますんで、はい。なぜならわたくし小出、「考えるダンサー」を奨励しております笑。

今日は、鏡があることによって、自分の姿を客観視できる。反面、弊害も有るんだよ。というお話でした。
なんでもそうだろうけど、「良い面だけ」ということはない。必ず反対の面もある、ということを頭の隅に置いてダンスする必要があると思います。
嫌かもしんないけど、見る、見れ。つまり、お金がかからないからと言って公園でダンス練習すると、デング熱に感染するかもしれないよ。というようなリスクは、俺たちこれから頭に入れておかなきゃいけないよ、ってことです。(そんなん気にしてたら、ダンスなんてできねー、という意見も解る。うん)