タグ【踊ってみた】について【物申してみた】

雨でございます。おはようございます。今日は日ごろから思っている事をちょっと方向を変えて【書いてみた】

今朝の時点でニコニコ動画
【踊ってみた】タグのランキング1位になっている動画の再生数であります。


2012年06月19日 06:27 投稿
24時間での再生数が+23,977
計33,486再生

小出は正直に思いましたです。すげえ再生数だな、って。う、うらやましくなんかないんだからね。ポヤーとしてる間に時々「これほどの再生数を叩き出すのならどんなすげえダンスなんじゃ?」と思ってざっと10位くらいまで眺めたりするんです。中にはダンスのイントラも混じっているようで、なんともコメントしにくいのですが…。

ご…めんなさい。やっぱりオジサン(←認めた)には判らぬ世界でした。率直な意見、
歌手のバックダンサーみたい…。ソロで踊る意味あるのか?と思ってしまったんです。それから、もうちっとアクティブに動いて欲しいかなあ。定点カメラなのでしょうがないと言えばしょうがないんだけど…。そこにはウーン!と唸ってしまう自分がいるわけですよ。オイラのような舞台上がりの人間だからそう思うのか?年齢なのか?はたまた、単純に好みの問題なのか?いやいや、趣味なんだから噛み付いてもしょうがないだろ、など色々と思うところもあります。

やろうとしている事自体はものっすごく好きなんです。何かを作りたい、自分達も踊りたい、人気者になりたい、等何でもいいんですけど、そこには原動力があるって事だから。自分達で振りを考えて、練習してモノにする。自分達で構成を考えて、撮影場所を決定、フレーム演出する。撮影用カメラだって高画質で撮れる物を探して、知識を覚えて・・・そういうのってワクワクするし楽しい(オイラはね)。そして多くの場合はボーカロイドに歌わせている。DTMとかやる人ならご存知かと思いますがボーカロイドってなんや?って方もおありかと思います。が、ココでその説明は省きます!、平たく言うと「音声合成技術です」
曲のクオリティについてはココでは言及しませんが、同じ作曲する身としては「何かを作りたい!」という原動力は同じ。完全オリジナルなわけです。でも、ニコニコの内側だけで盛り上っている気がしないでもない。んー。

こういう投稿動画を見ている限り、踊りたい人たち、何かを作りたい人口はむしろ増えている気さえしてくるんです。でも、いったいどこへ行くんだろう?甲子園を目指していた高校球児が、自然とプロ野球を目指したり。Jリーガーが世界のステージを目指すように、こういった動画を観てスゴイ!私達もやりたい!と思った人間が同じように動画を撮影して投稿して、はたしてプロのダンサーなり、表現者を目指すか?
そうはならないんじゃないかな?と小出は思っちゃうんだ。やりたい世界が違うだけ?もしくは研究段階?

でもね、随分前の事ですが、美容室を経営している姉に髪を切ってもらっている間に話をした時の事。知り合いの娘さんがダンスの専門学校に通う事になったそうで「娘がバックダンサーになりたい、って言ってるんだって」って話を小耳に挟んだ事があるんです。小出はその時に嬉しさ30、ザンネン70くらいの複雑な心境でした。「バックダンサーになるのが夢?なんと…」TVとかで身近にあるダンサーの姿がそれだ、というだけで広く知る機会がなかったのかと思います。これだけネットが浸透しているにも関わらずですよ。

中学のダンス必修化でダンスに触れるのは良いのだけど、それやってダンサーになる子たちっているのかなあ?根っこのところでは舞台とか演劇とか、舞踊離れとかに繋がっているのだと思うんだ。
こういう動画投稿の手法と、生の舞台の面白さをくっつける。そこへオイラがいままで舞台で培ってきた技術、練習方法、映像作曲をつかって、もっと間口を広げたい。
このブログを始めたきっかけが、舞台とか演劇とかなんでも良いんだけど、やっている、やろうとしている人達に何か協力できるんじゃないか?一緒に創れるんじゃないか?という考えからなので、いかんせん毒っぽい所もありましたがね。そういうオイラもまだまだ途上だ。さて、今日もがんばろー。

228