【ジャズダンス基礎/新宿】レッスンしなけりゃ踊れないのは当たり前。

何回かご紹介しているこちらの動画↓

冒頭で主演俳優の名前がコールされてるので解るかと思われますが、ハリーポッターでおなじみダニエル・ラドクリフさんでございます。動画中では唄って踊っている。1:40過ぎの振りもユニゾンを難なくこなしてます。ダンスの素養がない俳優は、この振りをやれといわれてもすぐにはできないと思う。さらに注目したいのは他の俳優陣です。相当にキレのある動きをみせてくれます。海外の俳優は唄って踊って、芝居ができる。これが当たり前となっている。だから面白いミュージカルが生まれてくるし、リスペクトする為にもトニー賞にミュージカル部門が設置されているんですね。一方日本は……orz
良くも悪くもなのですが、日本の小劇場に於いて、ダンスができるってのはメチャクチャアドバンテージになる、と小出は考えています。舞台は映画と違って、自分の全身をお客さんに晒すわけです。ダンスで身体の使い方を訓練した俳優は、見せ方をデザインできるのです。これは強力な武器となり得ますが、訓練しないとできません。『自分はダンスのある仕事は一切やらねー』という猛者はこの際スルーして、今日の短めエントリーとさせていただきます。

シェアする