定番のダンスができる。それが良いんですよ。

ミュージカルの曲はJAZZダンスやるにはもってこい
小出がいかにもジャズダンス的な振付をする場合、どんな曲を好んで使うかをご存知ですか?そうですボカロです。嘘です、ミュージカル曲です。私事ですがね、曲がりなりにも音楽好きで、自分で曲作ったりもするのです。中でも好きなのがJAZZとかFUSIONと呼ばれるジャンル。ビッグバンドとか、MODEのCDなどで「良いなあ」と思う曲はもちろん沢山あります。でも、「踊れる」良い曲って、実はあんまりないんですよ。ジャズダンスの基礎に話を戻しますと、その点、この「Brotherhood of man」と言う曲は正に鉄壁といえます。勝利の方程式ですね。その盤石さ加減と言ったら半端ねえのです。その証拠を捕らえたジャズダンス動画が発掘されました。全米に先駆け本邦初公開です。こういう振りは自分で踊っていても、楽しいし観ていても心が弾んでくる。メンバーの動きも良くなっていますね。踊っていても、観ていても楽しくなる。そんなダンスにするコツは、やはり「身体を最大限に大きく使う」と言うシンプルな答えなんです。見返していて、「おっ?今の瞬間は良いじゃないか?ダンスになっているじゃないか!」などと思うって嬉しくなる箇所がいくつかあります。