【Jazzダンス】シェネのコツを解説してます。

【今週のコツ】
ジャズダンスレッスンを新宿のスタジオで開催しています。
もう口が酸っぱくなるくらい言ってる事なんですがね、僕ら普段生活している時、身体の重さなんてほとんど意識しない。というよりできないんですね。何でかって言うと

「疲れちゃうから」

なるべく楽をしよう、余計なエネルギーを使わないようにしよう、そういう風にできてるんです。例えば今壁に向かって逆立ちしてみてください。(信号待ちとか、駅のホームでやらないこと)両手に相当な負担が掛かると思います。実は足腰にも同じ程度の負荷は掛かっているんです。上半身と下半身をバッサリ切っちゃって、それぞれを計りに乗せてみたと仮定します。体重60kgの人だったら単純計算で上下ともに30kgくらい。足腰は常に30kgの荷物を支えながら動いてくれていた訳です。効率的に上半身を支える設計と機能がデフォルトで備わっているから重さを感じないだけでございます。
Jazzダンスの基礎練習をする場合には、このデフォルト機能はOFFにしてしまうことが大事です。iPhoneのように環境設定があれば便利ですが、そうもいかない。なので、ルイジのようなゆっくりした動きの中でON/OFFが効くように訓練するのです。

という事でジャズダンスレッスン動画です。

シェアする