CATEGORY

体について

  • 2016/01/19/ 7:35
  • 2020/04/09/ 7:13

ルルベの時「足裏の何処で床を押すのか」について

今日のエントリーは「床を押す」についてです。押すと言っても手で押すわけじゃないよ。このブログはジャズダンスメインですから、「足の裏で押すのだな」とピンときていただければこれ幸い。 ピルエットやシェネ、その他ルルベをして行う全ての動きは軸足の「床を押す」感覚が重要です。でも、「床を押す」と言っても、足 […]

  • 2016/01/10/ 9:49
  • 2020/08/15/ 19:23

「ピルエットだけ上手くなる」そんなことは、ありえない

「ピルエットは3回転以上できるけど、シェネはサッパリできない」というような状態はありえないと小出は考えます。 なぜなら、全てのテクニックはつながっていて相乗的に上達するものだ、と思ってるからです。 ピルエットが2回転できるようになったら、シェネも確実に上達してるはず。難しいコンビネーションについて行 […]

  • 2015/12/22/ 8:30
  • 2020/04/14/ 20:42

ジャズダンス中での、背中への意識。

日々のレッスンご苦労さまです。みなさん毎回のレッスンで各々取り組んでいることがあるかと思います。小出も、レッスンはじめに行うルイジはみんなに混ざらせていただいて、身体への意識を鋭敏にさせております。僕が最近のレッスンで、最も強く意識を巡らせている身体の部位は背中です。 「背中側や」 劇団に所属し、レ […]

  • 2015/12/17/ 8:10
  • 2020/04/14/ 20:43

ジャズダンスに必要な筋肉の付け方

小出のレッスンでは以前、「体幹トレーニング」と称して筋トレを採り入れていました。いわゆる「腕立て腹筋、背筋」の類ではなく、体幹に直接影響を及ぼすタイプのトレーニングです。 先に「以前」と書いたくらいですから、現在このトレーニング自体は行っていません。なぜやらなくなったのか?理由は様々あります。そのう […]

  • 2015/12/12/ 13:13
  • 2020/04/14/ 20:43

【特別指令】身体をキープしながらダンスせよ!

不詳小出、身体が柔らかいのがウリです。人から褒める意味で言われたことあるんですが「柔軟性ありすぎです」。ダンスの世界では一般的に「良いこと」として認識されてます。ところが良いこともあれば悪いこともある、人生は山あり谷ありが世の常。身体が柔らかい反面、回転モノは苦手です。フェッテなんぞは、足にものすご […]