ジャズダンス

  1. いつ何処で誰から

    観られているという意識があるとやっぱり踊り手は抜けないねなかなかステキ振りと自惚れるそういえばオイラの敬愛する作曲家の滝澤俊輔さん楽曲によっては作詞もされるんだけど、その中でね「ひとつずつ 積み重ねてきた日記帳が証人…

  2. その人の踊りを決めているのは、日常なんだ

    考えながら踊るな師によく言われたものです。この言葉はとても本質をついてると思う。踊っている「今」考えるのは、良い結果にならない事が多い。ここで言う「踊る」とは、コンビネーションや舞台の稽古としてナンバーを踊っているときを指します。レッスン中の基礎訓練だってもちろん踊っていることに違いあり…

  3. さよならの力

    人は何のために生まれたのかを問うても、正解なんてありません。もう自分のためにしか踊んないんですそれはちょうど春から夏の初め。自分は何のために踊っているのかを問うても、答えなんて出やしません。でも、考えることを放り投げてしまうと、そこで歩が止まっ…

過去の投稿一覧

open all | close all
PAGE TOP