踊り納めよね

内へ、とよく言われたものです。

内へ内へ。

最近思うんですが、

外には何もないんじゃないかと。

別に引きこもってるとかそういうんじゃないけど、

知識なんかは外に目を向けると、膨大にあるんですが、

今何を学ぶべきなのか、とか

自分を満たす為の何かを外に求めても、

結局は外側なのかもな、と。

いま内側にあるものに目を向けて、

自分が期待できるものに洗練させるほうが、

より安定するんじゃないかとも思うのです。

自分にとって、踊るという行為は、なんだろうね

自己表現であることには違いないし、暴露でもあると思うよ。

その場がある、と、ない、では

自分の存在が不確かになる気もする。

今年の踊り納めだからね。

まずは楽しもうとおもうよ。

おすすめ記事

  1. ジャズダンスレッスンで意識したい11のこと
  2. 踊り納めよね
  3. もっとジャズダンスが上手くなりたい人へ
  4. 単調な練習こそ、創造的であれ
  5. しびれを切らしてオープニング曲をUpする、しかし途中Ver.だが…

関連記事

  1. ダンスを芝居に入れ込む時の振付は、通常のコンビネーションとは発想…
  2. 2014年一発目のレッスンです。
  3. 前進(超短文)
  4. ダンスの時は「腕のまわり」も褒めよう。
  5. 貰う、ではなく、獲る。という姿勢。
  6. 単調な練習こそ、創造的であれ
  7. 決めよう
  8. WBCの解説から役者がダンスや芝居に使える言葉をパクってみる。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP