ダンスと人生と仕事とホーキング博士

新宿での乗り換え待ち。

ダンスの考察を書くためには、

まだ時間がかかるようだね。

先日、車椅子の科学者と呼ばれたスティーヴン・ホーキング博士が亡くなりましたが、、

知っている人は知っているけど、小出は宇宙好き。

ホーキング博士の仮説に想像をかきたてられたうちのひとりです。

仮説については詳しくは書きませんが(っていうか書けない)、事象の地平線とか、ブラックホールの蒸発とかググってみて。

彼の遺した言葉でね、



人生について

まず星を見上げて、自分の足を見ないようにすること。次に仕事をあきらめないこと。仕事はあなたに意義と目的を与えてくれ、それがなくては人生は空っぽになるからだ。3番目に、運よく愛を見つけられたなら、愛がそこにあると忘れず、投げ捨てたりしないこと


3つとも心に沁みる

踊れる機会がある

石田ゆり子でも、デレステでも、ギターでもいい

ここに遺しておこうと思うよ

おすすめ記事

  1. 単調な練習こそ、創造的であれ
  2. ジャズダンスレッスンで意識したい11のこと
  3. もっとジャズダンスが上手くなりたい人へ

関連記事

  1. とあるダンサーが、俺のイタリアンに行ってきた
  2. 3/8 役者の為のジャズダンス「筋肉を感じれ!」
  3. 秋近
  4. 2/16 ダンスレッスンが通常に戻りました。
  5. 「なぜ一緒に踊るんですか?」、その意味を考える
  6. 今、此処に在って、何を成すか
  7. 電車中で、「友達」について
  8. 【後日談⑧】「本番舞台の裏側にこそ、色々な想いが隠れてる」の巻

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP