踊りが変わる時

何かのきっかけで、踊りはガラリと変わるのね

フィジカルの強化で現れる変化はほんの表層だけ

むしろ内(オイラのとこでは「ウチ」と呼んでます)

に変化がおきなければ踊りは変わらない

踊らなければ

という強迫観念やダンスとはこういうものだ

みたいな考えが以前はあってね

それはまだ劇団にいた頃の話でね

インプロビゼーションの稽古

10分以上は演ったかもしれない

今でも覚えているけど

「あ、昨日までの自分の踊りではないな」

と、踊りながらハッキリ自覚してたのね

そん時の踊りは言葉にするとね

踊ってない

のよ

矛盾してるんだけどね

出そうとしてもいない

そこに在っただけ

でもよ

一緒に稽古していたボスとか仲間からは

めちゃくちゃ良かった

と言われた


自分も、

うん、知ってる

と思った

嫌味とかそういうんじゃなく、解ってた


劇的に変わるんだ

何がきっかけか


それは各々違うからね



踊るんじゃなくて

在る


必要なのは勇気だけ

そういうことなんだ

おすすめ記事

  1. もっとジャズダンスが上手くなりたい人へ
  2. 単調な練習こそ、創造的であれ
  3. ジャズダンスレッスンで意識したい11のこと

関連記事

  1. 自分のダンスレッスンの方向をアクセス解析から推測する。
  2. 劇場にインスタレーションが入り込めない3つの理由。
  3. 【後日談】各ナンバーを振り返る②
  4. 何処へ行くのかではなくて、誰と出会うのか
  5. 宅録ギタリストはカラオケにギターを持って集合。
  6. 【新春特別企画】2015年の1文字を選んでみたよ
  7. だからさ、イチロー選手は先生じゃないんだよ。
  8. 声をあげよう、え、お、あ、い!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP