フィジカルが一定に達したら、そこを求める

こころは影響を受けることはあっても、

教えることはできないし

教わることもできない

「個」そのものであり

フィジカルより強くその人の踊りを支配している

こころで踊る

というとヒューマニズムなダンスをイメージしがちだけど、

ひとのこころというのは、

なにもポジティブな感情だけで満たされているわけではないでしょ?

目を背けたくなるほどの深い悲しみとか、

それだってまだまだ

ひとへの恨み憎しみ

そんなものだってある

あなたにもある

踊りではそいつらも使えるんだ

普段、普通の人が見せない狂暴性とか残虐性すらも

踊ってみせる

だからさ、もっと自由でいい、ということなんだな

おすすめ記事

  1. ジャズダンスレッスンで意識したい11のこと
  2. もっとジャズダンスが上手くなりたい人へ
  3. 単調な練習こそ、創造的であれ

関連記事

  1. 四十肩に始まり、ジャズダンスレッスンに於いて「薄まった言葉」の行…
  2. 過去をころせ、未来をうたがえ。
  3. ジャズダンス、新宿で検索したら、koideworksは2ページ目の7位に表示されました。 ジャズダンス基礎を積み重ねて『生きる力』にする
  4. 【考察!】ダンスを格好良くみせる為の1つのヒント。
  5. ダンサー視点から外れて、ダンスステージを構成する
  6. なぜ振付はクレジットされないの?という疑問
  7. ジャズダンスが上手くなる人の、ある特徴とは?
  8. もっとジャズダンスが上手くなりたい人へ

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP