ダンス身体づくり、ダンス環境づくり、

毎週ジャズダンスの基礎訓練を行っています。初級、中級、上級、それぞれのクラスで一定の決まったエクササイズを必ず行います。全体の舵取りは小出の役目ですが、中級と上級レッスンは「いちプレーヤー」、「踊り手」としてその場にいてます。
それは、ずーと行ってきたもはや習慣みたいなもので、動いてないと不安になったり、落ちるのが心配だからとか、色々と理由はあるわけです。でも、あらためて思います。ダンスの基礎訓練って、単調だなあ、って汗。いや、どんな芸事も、仕事だって同じ。ハッキリ言って地味。

しかし、毎回行う動作の中でも、「!」みたいなときがあるんです。プチEnlightenmentみたいなときが。

なんていうのか、感覚が鋭敏になって、身体が解放されている感じ。そういう時というのは感情も解放されていると思うんですよ。アッパーになってるのかな、いや、逆にダウナーになるときもある。すいませんね掴みどころのない感覚の話ばかりで。

普段の生活で「こうしなきゃなんない」とか、「こう観られたら嫌だな」みたいにな自意識が薄れるてるときなんじゃないですかね、こういう時は。そうなるためには環境が大事でして。レッスンする環境ね。「環境が人をつくり、人が環境をつくる」などと言いますが、まさにそれです。
色々な環境があっていいんですよね。その場にいて自分が自分でいられるなら、そこが居場所になるんだよきっと。

何度聴いてもうつくしすぎる

おすすめ記事

  1. ジャズダンスレッスンで意識したい11のこと
  2. もっとジャズダンスが上手くなりたい人へ
  3. 単調な練習こそ、創造的であれ

関連記事

  1. 『今』、自分ができる最高のダンスは、自分の心に強く焼きつく。
  2. 【後日談⑦】ピルエットやシェネ以外に本番適応力も必要だよ、の巻。…
  3. 首を左にもたげてますが、これは回しているのです 頭部を上手く扱えるようになろうぜ
  4. 音楽好きなんだよ。だから、そこに向かうんだよ。
  5. こころは有限、失くなることもある
  6. 【抽象的御免】ダンスに於いて「見える動き」はごく表層で、大部分…
  7. ジャズダンスが上手くなって「何を」するのか考えよう。
  8. 振付を肴に、ジャズダンスの話
PAGE TOP