日曜日上級レッスンの小出はガチで失敗したりします、、汗

更新が遅れておりましたが、10月に入って初めてのレッスン。昨日は上級レッスンを行ってきました。

この上級レッスン、自分で開催しているレッスンですけど、自分の訓練でもあるわけです。小出の訓練についてきたい人、是非一緒に練習しよう。というスタンス。ガチ小出です。そして、毎回のレッスンでは、なるべくひとりで踊る機会を設けています。毎回なのですが、、、シビレますね。ぶっちゃけますが、昨日の小出は全然ダメダメでした汗

なっとらん!

特にイケてなかったのは、やはりコンビネーション。実は10月に入ってからも、9月の振付を引き続き行って踊り込み中です。小出ひとりで踊る回になりますと、ふとした瞬間に「!」と振りが抜けてしまい、ダンスが破綻するシーンを続出させてしまいました。一度間違えると、次の振りが怒涛のように押し寄せますから、立て直すのが大変。小出はまだまだです。

ほかエントリーで何度か書いてますが、上級レッスンの内容は間違いなくハードです。けれど、間違えたら痛めつけたり、できないから罵倒したり、ということはないです。
もちろん、小出も個人的に「~をこう」、といったアドバイスをすることはあります。いわゆる「指摘」ですが、これは金曜、火曜と比較して日曜日の上級レッスンが一番少ないはずです。
意外に思われるかもしれませんね。

なぜ言葉にしないのか?その理由は、指摘するとその点に気を取られてしまい、頭だけで動いてしまう。そういうことがあるからです。あるいは、その点に注意を払えば大丈夫。と言うような「確約」や「安心感」を抱いてしまう。
ダンスで大切なのは、自ら動くことです。小出があなたの身体を乗っ取って、文字通り「手取り足取り」操って踊るわけではないでしょう?
自ら学ぶ場。
そのように思っていただければ。