最近の小出活動報告

最近、小出が手にしている技術書や参考書の類を列挙してみます。

【作曲関係】

聴くだけ作曲入門


コード作曲法


イメージした通りに作曲する方法50


究極のギター練習帳



【デザイン関係】


背景画の教科書


風景デッサンの基本



【アプリ開発関係】

iPhoneアプリ開発「超」入門


Effective C++


【ただ読みたいだけ】

竜馬がゆく

「竜馬」は2、3回読んでるのですが、何年かおきに必ず読みたくなる・・・。その度に違う読後の印象を受けたり、得るものがあるから不思議。

なんと言いますか、自分でもちょっと盛り過ぎなんじゃねーかと思うくらい。他分野に渡っています。さらに、今までに購入した書籍も含めるとちょっと膨大…。

オメーは基本的に踊り手なのだから、ダンスだけやっときゃあいいんだよアホンダラー。というお声を頂きそうです。確かに。覚えられる許容範囲もあるし、1日24時間は誰にとっても同じ。確保できる時間は限られているから、やれることはそんなに多くない。それでもいろいろなことやってるのにはちゃんと理由があるんです。

どの分野の活動も、最終的には全て「ダンス」に繋げるのが目的です。特に音楽はダンスと切っても切れない関係にある。
「踊る」ためには何かしらの曲が必要です(時には無音で踊る、ということもあるけど)。多くの場合、それは誰かが作曲し、アレンジされ、歌ったり演奏した後、ミックスやマスタリングを経て、店頭にパッケージされるかネットで配信される。良くも悪くも、日本のダンス界はそこに負ぶさってきた。共存ではなく依存に近い。権利というものも絡むので、むやみやたらというわけにはいかないんだな。

七面倒くせえんだよ。だったら自分で作ればいいじゃねーか。というのが小出の考えです。オリジナルの曲で踊ることが、活動を広げる。アプリ関係は、自分踊っていないところでも、いやぶっちゃけ踊ってる時でも、どこかしらでお金を生むような状況にするのが目的です。つまり金目当て(キッパリ)。

とはいえ、「やりたいからやってる」、「知りたいからやってる」、というのが一番の本音かもね。
雨ですが、みなさんお気をつけてお出かけください。

おすすめ記事

  1. ジャズダンスレッスンで意識したい11のこと
  2. もっとジャズダンスが上手くなりたい人へ
  3. 単調な練習こそ、創造的であれ

関連記事

  1. それは幸せなのか、それとも不幸なのか?
  2. ダンサー視点から役作りをする3つの方法
  3. 教える技術はある
  4. 【後日談⑨】今日からはじまる化学反応。
  5. 踊りが変わる時
  6. ジャズダンスを踊る時シューズのお話
  7. ジャズダンスレッスンの時に買う、飲み物の話
  8. ダンスって、下手になると思いますか?
PAGE TOP