体だけでなく、感情も支配せよ

短文ですよ。

武道などでは心技体などと言ったりします。ジャズダンスで「技」言いますと「ピルエット」や「シェネ」などの回転ものがパッと思い浮かぶと思う。
「体」はグランバットマンでどれだけ足が高く上るか、とか、胸や腰の可動域がどの程度あるか、などフィジカルの強さ。割と解り易い概念だと思います。なぜなら「技」と「体」は目に見えますからね。

目に見える概念は訓練も容易に可能です。理解し難いのは「心」。「心」はカタチがなく、直接目に見えない。でも「心」は訓練できると小出は考えてます。鍛えると言っても、滝に打たれたり、座禅をするということでもないですよ念のため。踊ってる時の感情をコントロール(支配)する能力は鍛えられます。

どんな方法で鍛えるんですか?

という一番おいしいところなんですが、それは直接小出に聴いてくだされ。

おすすめ記事

  1. もっとジャズダンスが上手くなりたい人へ
  2. 単調な練習こそ、創造的であれ
  3. ジャズダンスレッスンで意識したい11のこと

関連記事

  1. ジャズダンス初心者の人ほど細部に捉われすぎなんだよ。
  2. 気がついた!ダンスインプロビゼーションは「書く」時にも使える。
  3. ジャズダンスが上手くなる方法を、言葉で表現するのは難しいと思うん…
  4. 教える技術はある
  5. 「床を押す」を「足首を伸ばす」と解釈してみる
  6. 言葉を使うのは誰だってそうでしょう?
  7. 桜は桜に変わりはねえよ
  8. ジャズダンス中での、背中への意識。
PAGE TOP