今朝は振付についてざっくばらんに書いてみた

突然ですが、振付って何のためにあるのでしょうね?
人それぞれ解釈があると思いますが、小出の考えを申し上げると、振りはあくまでも「順番」です。例えば芝居で言うところの台本に相当するし、音楽で言うと譜面かな。

じつはわたくし、振付のもつニュアンス(難易度とは違う)に関してはあまり厳密さを求めないタチだと思っております。見る側(多くの場合はお客さん)にとって、雑多な印象を与えないように注意を払う必要はありますが、振りよりむしろ内(なか)を要求したいのです。

インプロビゼーションをやったことがある人ならわかるかもしれませんが、振りがないとシンドイですよね。何をすれば良いのかわからなくなるし、不安になる。レッスンなら「また練習しよう」でいいのですが、本番の舞台ではそうはいかない。つまり、「見せる」行為が前提にあるから振りが存在するのだろうか、とも考えています。

一応断っておきますが、「振りを間違えていい」ということではないです。動いてさえいれば一見してダンスになってしまうので、そこは本当に要注意です。
振りに対して厳格になるのは踊り手自身。そこを如何に自分に課すかで、周囲からの信頼が変わってきます。
「自分の個性で踊るんだぜ」とかやって振りを蔑ろにしていると、徐々にダンスが独り善がりになります。自分さえ気持ちよければいい。かっこよさだけ追求した空っぽのダンスになる。小出が考える一番上手くない踊りというのは、内がない踊りです。

今朝はとりとめのない話。

おすすめ記事

  1. ジャズダンスレッスンで意識したい11のこと
  2. 単調な練習こそ、創造的であれ
  3. もっとジャズダンスが上手くなりたい人へ

関連記事

  1. 過去をころせ、未来をうたがえ。
  2. ダンスレッスンしていると自然に決まってくる『立ち位置』
  3. 踊りが変わる時
  4. 舞台のチケットって何であんなに高いんだろう?
  5. 『今』、自分ができる最高のダンスは、自分の心に強く焼きつく。
  6. ミーハー心からだけどダンサーとして得るもの大な追っかけ。
  7. ダンスと音楽、どちらも興味があってよかったと思うその理由。
  8. ダンス舞台本番で必要になる5つの能力
PAGE TOP