【後日談】各ナンバーを振り返る①

今日は振付と香盤の話です。
稽古が始まる8月より前。小出は「香盤を組む」という作業をしていました。全体のボリュームは80分くらいが目安かなあと、思いながら構想を練っていました。
エクセルにナンバーと踊り手を当てはめながら、「ここは着替えがあるから、ソロを挟んで、寸劇を入れて」と言うふうに構成を創っていくわけです。今日はオープニングから最初のMCまでの3ナンバーを振り返ってみます。


一番初めに振付けしたナンバーです。これはもう、力押し笑。曲がとにかくパワーに溢れてますから、負けないように。そして圧倒するような振付を心がけました。
多少身体の流れを無視して振りをつけてる箇所があるので、振り付け終わった日の身体は、ギシギシと悲鳴をあげていたのを記憶してます。
全ナンバー中、一番小出っぽくないかもしれません。


オープニングで圧倒した直後は、フレンドリーなナンバーがいい。なんでもそうだけど、押したり引いたりよね。まず踊り手が楽しくなり、一緒になって手拍子できる。そんなナンバーを心がけました。が、ひとつだけ誤算があります。それは「手」です。
テーブル席では、ドリンクを一旦置いて手拍子できます。でもイス席だとドリンクを持ったままなんですよね。つまり片手が空いていない。「手拍子したくてもできない!」というむず痒い思いをさせてしまったかな?という点です。でも想像以上に大きな手拍子を聴くことができて嬉しくもあり、驚きありでした。みんなドリンク飲み終わってたのかな?


前の2ナンバーとは趣の違う振りです。ジャズダンスか?と問われたらそうでもない汗。どちらかというとモダンとか、コンテンポラリー系。ぶっちゃけますが、小出はアート的なところも通ってるから、自然とそういう構成が組み込まれるのでしょう。
当初は小出も踊る予定でしたが変更になりました。理由は色々あるのですが、筆頭は「小出は必要なくなった」という点です汗。
このナンバーは、踊り手一人ひとりに違う振りを付け、混沌とさせてます。ユニゾン(踊り手全員が正面を向いて、同じ振りを一斉に踊ること)は殆どありません。ステップも違うし、身体の向きも違う。それらの振りは小出がその場で動いて生み出したもので、踊り手は片っ端から動いて身体で覚える。そんな事をやってましたので、振付初日は小出自身の振りを創るとこまでいかなかったんですね。で、出来上がった踊りを見てみると「小出要らないなあ」と感じましたので、本能に従いました。女性陣は3曲ぶっ通しだったので、ホント大変だったろうと思います汗。

おおよそ、ここまでが6回の稽古で期間は半月。1ナンバーを2日間の稽古で振付けしたことになります。
ということでまた次回。

おすすめ記事

  1. ジャズダンスレッスンで意識したい11のこと
  2. もっとジャズダンスが上手くなりたい人へ
  3. 単調な練習こそ、創造的であれ

関連記事

  1. 徹底比較、過去と今の自分でダンスはどう違う?
  2. たまにはダンスと演劇の雑談動画(自作自演)もUPさせておく。
  3. 俳優が「踊る」ってのと、「踊りを芝居の中で活かす」っては結構違う…
  4. WBCの解説から役者がダンスや芝居に使える言葉をパクってみる。
  5. 捜索と創作ね
  6. 単調な練習こそ、創造的であれ
  7. ダンスの見学・体験レッスンに行く前に、調べておきたい6項目
  8. 振付を肴に、ジャズダンスの話
PAGE TOP