自分のダンスを客観的に振り返ってみようぜ

さてさて、はやいもので2014年最後のレッスンが終わりました。この一年間、自分のダンスはどんだけ成長したんでしょうか?ちょっと胸に手を当てて考えてみてください。
水曜どうでしょう?たとえば、「ダンスを始めた!」とか、「コンテストで賞を獲った!」のような大きい変化は鮮明に覚えているものです。いわゆるターニングポイントというやつです。これはとても喜ばしいことです。おめでとう!
同時に、小さな変化も起きているはずです。たとえば、「気がついたら、グランバットマンで、以前よりも高く足が上がるようになったなー」とか、「シェネの時、目が回ることが少なくなったなー」のようなケースです。このような変化は日々着々と進んでいたにも関わらず、極めて微増だった為に、殆どの場合実感ができないんですね。

そこで活用したいのが動画。以前のダンスと今のダンスを見比べてみると、変化を実感できます。実際見返してみると「あー、この頃は動きが硬いんだな」とか「雑だな」とか、「シェネがシャープになったな」等など、色々感じることができておすすめです。ちなみにこのブログのアーカイブ、2013年12月へのリンクはこちらです。
一年通しての個人的な総括はまた後日書くことにいたします。

おすすめ記事

  1. もっとジャズダンスが上手くなりたい人へ
  2. ジャズダンスレッスンで意識したい11のこと
  3. 踊り納めよね
  4. 単調な練習こそ、創造的であれ
  5. しびれを切らしてオープニング曲をUpする、しかし途中Ver.だが…

関連記事

  1. ジャズダンスとマインドフルネスの関連について少し考えてみたよ
  2. ダンス始めたての人は、まず「足の順番」をたどろう
  3. ジャズダンスレッスンの時に買う、飲み物の話
  4. ジャズダンス中に存在する動き3種類を考察してみた結果
  5. 一度掴んだ良い感覚は離れない
  6. 2020年3月までのレッスンスケジュールです
  7. 都市伝説?ダンスやっている人って、みんな若くみえる。
  8. 「ランナーズ・ハイ」ならぬ「ダンサーズ・ハイ」は存在するのか?
PAGE TOP