ダンスを継続させることが、上手くなる近道。

どんな芸事も同じだと思いますが、ダンスが上手くなる唯一確実にして最大のコツを申し上げましょう。それは・・・。

ダンスを止めないことです。

「はぁ?」と思われるでしょう。「勿体ぶってそれかよ」、と若者にキレられそうです。でも小出はそうとしか言えない。每日レッスンに参加するのが無理なら一週間に三度、二度、一度。仕事が忙しくなり始めたら、合間を縫って。「今日のレッスンから次のレッスンは一ヶ月先、その先も飛び飛びになってしまいそうだ」なら、あなたの時間が許すかぎりで良いのです。もう一度申し上げます奥様。ダンスを止めないことです。

例えばですね、小出はこの世界に足を踏み入れた頃、今のように文章を書くなどとは思ってもいませんでした。でもこのブログを書いてます。するとですね、次第に構成力がついてきます。語彙も蓄積されます。しかし、書くことから一度でも完全に離れてしまうと、もう一度始めようと思った時にどんよりと腰が重いんですねー。こうなってしまうと、始める時より「よいしょ」というのが要る。
「どんな芸事も同じ」と冒頭で書きましたが、じつは「どんな仕事でも同じだ」、とも考えています。レッスンでは様々な職種の人が集まっているようですので、ダンスのみならず、互いに影響を及ぼし合えるといいな、と思っています。

おすすめ記事

  1. もっとジャズダンスが上手くなりたい人へ
  2. ジャズダンスレッスンで意識したい11のこと
  3. 単調な練習こそ、創造的であれ

関連記事

  1. ダンス始めたての人は、まず「足の順番」をたどろう
  2. ジャズダンスは階段を上がるようにうまくなる。
  3. ダンスは「プレパレーション」の連続です。
  4. 「足で床を押す = 足を床方向へ伸ばす」と捉える
  5. 踊らされる
  6. ジャズダンスとマインドフルネスの関連について少し考えてみたよ
  7. おひさしゅう
  8. 都市伝説?ダンスやっている人って、みんな若くみえる。
PAGE TOP