新宿でジャズダンスレッスンを1年間開催した結果。

ダンスの上達は目に見えない
小出が個人でジャズダンスのレッスンを開催するようになって、1年と2ヶ月が経過しました。おかげさまで一度もクローズする事なく、こうして続けていられるのは参加してくれるメンバーがいてこそです。みんなのレッスンしている所を観ていると、毎回のレッスンでほんの少しずつ、身体が変化しています。上達しているわけです。でも、その上達はなかなか目に見えない。端から観ている小出にとっても、そこは見極める目が必要な部分ですねー。身体は変わります。でも悲しいかな、変化するスピードが目には見えないのです。

時には凶暴な植物のように
明日は7月7日。棚ぼたです、いえ七夕です。また、朝顔の時期でもあります、朝顔。ダンスレッスンでの上達過程は、植物が成長する過程に似ていると思っています。植物の種は、蒔いてから芽が出るまで少し時間かかりますよね。その間、地中に埋まっていますから、成長してるのか全くわからない。芽が出てからも水をやらなければ枯れるわけです。毎日観察すれば少しずつ成長しているのがわかります。竹みたいに一日に数メートルも伸びる例外はありますが、基本そんなに成長しないわけです。ハッキリ言える事は、種を蒔かなければ芽は出ません。そしてこのブログも、たまには真面目な事書かないと怒られるわけです。

おすすめ記事

  1. ジャズダンスレッスンで意識したい11のこと
  2. もっとジャズダンスが上手くなりたい人へ
  3. 単調な練習こそ、創造的であれ

関連記事

  1. 首を左にもたげてますが、これは回しているのです 頭部を上手く扱えるようになろうぜ
  2. 自分を特別扱いしたらあかんがな。
  3. ダンスブログを書き始めて3年経った結果
  4. ダンス舞台本番で必要になる5つの能力
  5. 胸を自在に操れると、踊りの幅が劇的に広がるよ。
  6. 「足で床を押す = 足を床方向へ伸ばす」と捉える
  7. ダンサー、役者に必要な「顧客視点」について語る。
  8. 最近の自分の踊り
PAGE TOP