ダンスを芝居に入れ込む時の振付は、通常のコンビネーションとは発想を変えてみようぜの話

今月は観劇月間。去年の今頃までは知り合いの公演すらほとんど観に行けなくて苦痛でした。やっぱり自分の為でもあるのでこの春からは方々へ飛び回って観ています。
観ていて思うのは、「10数年前に比べるとダンスシーンの割合が増えたなあ」という事。どのダンスナンバーも見ていて「おお、おお」とガン見しちゃう。
ところが悲しいかな。僕も同じ舞台の人間だから、どうしたって創り手側の視点で観てしまう時があります。「自分だったらどうするか?どんな事ができたか?」「ここはもう少し違う方法があったんじゃないか?」という見方です。
これはもう職業病、諦めてます。ラーメン屋の兄ちゃんが、他所のラーメン屋で無意識に感覚を研ぎすませてしまうのと同じです。なので最近、観劇後にいつも考えてしまう事があります。
「ダンスシーンを、もっと効果的に使えるんじゃないか?」
「俺だったら、どんな振付にしただろうか?」
「どうやって踊っただろうか?」
という事です。
今日のエントリーは以上の事をふまえていただいた上で、あくまでも小出の個人的な欲求を書く事にします。批評や批判を書く訳ではないのです。

ひとつ思い出した話があるので、聞いてください。みんなご存知、タモリさんいますよね。タモリさんがミュージカル観るの苦手、って話は有名みたい。テレフォンショッキングなんかでゲストから「今度ミュージカルやるんで、是非来てください」と言われる。「いや〜、ミュージカルは……」とか言って笑ってはぐらかすタモリさん。そんな一コマを何回か見た事があります。苦手な理由は「もうすぐ死ぬ人間が突然起き上がって、朗々と歌ったりするのは普通はありえないだろ?」って事らしい……。
そ、そうなんだよね。結構当たり前のようにありえないシーンがあります。まあ、舞台って所が非日常なので「普通は〜」って言い出したらキリがない。神様が出てきたり、幽霊が出てきたり。そもそも異世界なんて設定は全部吹っ飛んでしまう究極の問いかけです。
話を少し前に戻す。
タモさんのいう「普通ありえない」。実はこの話で問題になってるのは違和感じゃないか、と小出は思うんだ。歌を入れ込む時の違和感。小出なら「ダンスナンバーに感じている違和感」この違和感について色々と考えましたが、原因は「振付けの考え方」にあるんじゃないか?と睨んでいます。あくまでも考え方。技術じゃないです。

写真 (11)

ここで仮説です。
ダンスの練習はコンビネーションでシェネやピルェットなどを入れ込み、何度も何度も練習する。いざ芝居の振付となった時にも同じ感覚で振付を行い、踊ってしまう。
こういう思考が成り立ってるのではないか、と。

このシェネやピルェットなどの「テクニック」ってやつが曲者で、魅せるナンバーならもちろんガンガン入れて良いと思う。ところが、振付する時に全てのナンバーをコンビネーションの延長線上で振付をしてしまう。結果、ダンスシーンを上手く活かしきれないブツ切れの構成、またはダンスシーンの連続になってしまう。発想の切り替えと、芝居シーンとの橋渡しがスムーズでない事に原因が潜んでいるのではないか?
テクニックや身体のキレはあくまでもダンスを構成する時の一要素だと小出は考えます。あるに越した事はないが、クルクル回転するだけがダンスじゃない。カッコイイところを魅せるだけが踊りじゃない。芝居中のダンスシーンを振付する時には、このテクニックやキレがかえって邪魔になる時があるんです。ダンスの感覚:芝居的な段取り=3:7くらいで振付をすると面白いんじゃないかな?
人それぞれやり方あると思うけど、個人的に「上手いなあ」と思うシーンは沢山あります。そのひとつがこちら。「The Pajama Game – Steam Heat」です。



これ、劇中での位置づけは「組合の余興」らしい。
踊りと一緒に歌うナンバーなので、そうそう飛んだり跳ねたりはできない。なのでシェネもピルェットも出てきません。でも、一見大した事やってないように見えるけど、身体的には相当シンドいですよこれ。この動きやるには訓練してないと絶対無理。
少なくともこういう前例がある。ならばダンスをもっと効果的に使う余地は十分あるんじゃないかと考えます。「テクニックあるな〜」ってダンスを観るだけじゃなくて、あっ!と思うようなダンスが観たい。それだけなんだ。

おすすめ記事

  1. ジャズダンスレッスンで意識したい11のこと
  2. もっとジャズダンスが上手くなりたい人へ
  3. 単調な練習こそ、創造的であれ

関連記事

  1. ダンス舞台本番で必要になる5つの能力
  2. 飴と鞭を使い分けると、ジャズダンスは愉しい
  3. ダンスを継続させることが、上手くなる近道。
  4. メガネを肴にジャズダンス雑談
  5. ダンスで必要な体幹を鍛えるトレーニングを始めました。 JAZZダンスレッスンでの筋トレについての考え方。
  6. その人の踊りを決めているのは、日常なんだ
  7. 最近の自分の踊り
  8. ジャズダンスが上手くなる、とはどういう状態を指すのか?
PAGE TOP