2016年 1月

  1. 今朝は振付についてざっくばらんに書いてみた

    突然ですが、振付って何のためにあるのでしょうね? 人それぞれ解釈があると思いますが、小出の考えを申し上げると、振りはあくまでも「順番」です。例えば芝居で言うところの台本に相当するし、音楽で言うと譜面かな。じつはわたくし、振付のもつニュアンス(難易度とは違う)に関してはあまり厳密さを求めな…

  2. ルルベの時「足裏の何処で床を押すのか」について

    今日のエントリーは「床を押す」についてです。押すと言っても手で押すわけじゃないよ。このブログはジャズダンスメインですから、「足の裏で押すのだな」とピンときていただければこれ幸い。ピルエットやシェネ、その他ルルベをして行う全ての動きは軸足の「床を押す」感覚が重要です。でも、「床を押す」と言っても、…

  3. 「ピルエットだけ上手くなる」そんなことは、ありえない

    「ピルエットは3回転以上できるけど、シェネはサッパリできない」というような状態はありえないと小出は考えます。なぜなら、全てのテクニックはつながっていて相乗的に上達するものだ、と思ってるからです。ピルエットが2回転できるようになったら、シェネも確実に上達してるはず。難しいコンビネーションについて行…

過去の投稿一覧

open all | close all
PAGE TOP